【崇福寺】
© (一社)長崎県観光連盟

長崎市には国宝が3つもあります。そのうちの2つは崇福寺。

1つは入口あがって第一峰門、もう1つが大雄宝殿(だいゆうほうでん)です。2つとも中国で1度組み立ててから船で運び、長崎で再び組み立てて造ったものです。

大雄宝殿は、大壇越(おおだんおつ)の何高材(がこうざい)が寄進したもので、正保3年(1646)に建立されました。中国建築様式と、和式建築様式が融合されたもので、内部には化粧屋根裏風の天井など黄檗(おうばく)建築の特徴があります。第一峰門も中国寧波(ねいは)で材を組み、唐船で運んで組み立てたもので中国産の広葉杉を使用しています。

柱上部の藤巻、指肘木(ゆびひじき)、平垂木(ひらたるき)の扇垂木(おうぎたるき)、鼻隠し板など中国渡来様式の特徴ですが、軒下四手先三葉栱(よてさきさんようきょう)の詰組は他には例がなく、華南(かなん)地方にも稀ということです。建物上半部は吉祥模様等の極彩色を施し、軒先や下半部の雨がかり部分は朱丹一色塗にしてあります。

長崎には中国寺が4つあります。三福寺といわれる福済寺、興福寺、崇福寺それに和風の混じった聖福寺があります。

中国から貿易のために長崎へやってきた人たちで、その出身地ごとに幇(パン)を作ったのがはじまりでそれぞれのお寺を建立しました。

ひとつには幕府のキリスト教禁止令に伴い、キリシタンではないという証明や航海の無地を祈り、媽祖(まそ)様を祀るためにも建てたのではないかと思われます。

※【幇(パン)】
中国で、経済的活動を中心とする互助的な組織・結社・団体。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         
   さくら鰹10g 税込216円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さくら鰹とは、桜の花びらのような色と形が特徴のかつお削りです。原料選びから製造工程まですべてにこだわりました。従来のかつお削りよりもさらに薄く削ることにより、口当たり滑らかな食感に仕上げました。クセが無く上品な味わいですので、豆腐や数の子には勿論の事、パスタやサラダなど様々なお料理のトッピングにご利用しただけます。

◀◀二十六聖人の殉教の地

出島▶▶

Instagram

  • column 和食料理の基礎知識 だしマイスターへの道