うまかだし(焼きあごだし)でつくる「雑煮」

うまかだし(焼きあごだし)でつくる雑煮

【材料】(4人分)  
・丸もち…4個
・里芋…2個
・にんじん…半分
・大根…5~6㎝
・ごぼう…15㎝
・筍…ゆでたもの4分の1
・干し椎茸…4枚
・ブリの切り身…4切れ
・かまぼこ…昆布巻、赤、白―各5ミリ幅で人数分の枚数
・唐人菜(又は、かつお菜)…適宜
・出汁…水1リットル
    うまかだし(焼きあご)2パック
    干し椎茸の戻し汁=20cc

【作り方】
① 下処理  
 1、里芋は皮をむき2等分に切って茹でる。
 2、にんじん、大根は皮をむき5mmの輪切りにする。
 3、ごぼうは外側をよく洗い5~6cmの長さに切り縦2つに切る。
 4、ゆで筍は5mmの輪切りにする。
 5、干し椎茸は水で戻しておく。(戻し汁は残しておく)
 6、唐人菜は茹でて、幅4〜5cmに切る。
 7、ブリの切り身は塩を多めに振ってから茹でる。
 8、鶏肉は酒蒸しして薄切りにする。
 9、出汁は、水にうまかだし(焼きあご)を入れて、5分位煮出したものに、椎茸の戻し汁を足して、みりん大さじ2と塩をひとつまみ(3ミリリットル位)を加える。
 10、お餅は焼いておく。
② ①で下処理した材料を温めてから、お椀の中の一番下に大根を敷き、お餅を乗せ他の材料は、形よく盛り一番上に菜葉をのせてだしを張る。

◀◀おでん

パエリア▶▶

Instagram

  • column 和食料理の基礎知識 だしマイスターへの道