うまかだし混合でつくる「すり身のロール白菜」≪福岡 由香さん≫

【材料】(2人分)

 

・甘鯛のすり身:150g
・白菜:4枚
・サラダ油:大さじ1
・塩:小さじ1/2
・白ワイン:大さじ2
・塩、こしょう:各適量
(仕上げ)
・黒こしょう:適量
・パセリのみじん切り:お好みで


・たまねぎ:1/4個
・生椎茸:1個
・しめじ:1/4株
・セロリ:5cm
・赤パプリカ:1/4個

うまかだし混合だし汁:100ml
・濃口醤油:小さじ1
・生クリーム:100ml

【作り方】
① 白菜は熱湯で3分ほど茹でて冷水に取り、水気をしっかり絞る。葉元の厚い部分を削いでみじん切りにして、すり身に混ぜておく。
② たまねぎ・セロリ・赤パプリカは薄切りにして、きのこ類は石づきを取り、椎茸は薄切りにして、しめじはほぐす。
③ ①の白菜を広げ葉元側に①のすり身を1/4量置き、ひと巻して、横の葉を折りたたんでさらに巻きこんでいく。残りも同様に巻く。(葉が小さい時は組み合わせて使う)
④ フライパンにサラダ油を熱し、Ⓐを炒め、塩を振って野菜の旨味を引き出し、白ワインを加えて、アルコール分を飛ばしたら、Ⓑを加える。
⑤ ④のフライパンに③のロール白菜を巻き終わりが下になるようにして入れ、10~15分弱火で煮る。塩・こしょうで味を調え煮汁にとろみがついたら完成。
⑥ ⑤を器に盛り、周りにソースをかけて、仕上がりに黒こしょうをふる。お好みでパセリのみじん切りを散らす。

◀◀中華風雑煮

サステナブルな和風ポタージュ▶▶

Instagram

  • column 和食料理の基礎知識 だしマイスターへの道